長寿祝いについて - クリエイト・ア・ブック ハッピー

長寿祝いについて

満60歳の還暦から祝う。名称や色にちなんだ贈り物を
●いつ贈る? その年の初めから誕生日に
●金額の目安は? 1万〜10万円
●水引は? 金銀または紅白蝶結び・のしつき
●表書きは? 「祝還暦」「寿」「御祝」
●お返しは? 不要。「内祝」として記念品を贈ることも

親戚や家族、親しい友人が集まって祝宴を
長寿のお祝いは、一般的には還暦から祝い始めます。
還暦は満年齢、それ以降は数え年で祝うのがしきたりです。
家族や親戚、親しい友人が集まり、祝宴を開いて記念の贈り物をしたり、本人が内祝いを贈ったりします。
ただ、還暦の満60歳は、定年退職を迎える人が多いとはいえ、まだ若々しく老人とはいえません。
本人が還暦を祝われることを嫌がることもあります。
周囲がお祝いをしたい場合は、本人の意向を聞いてからにしましょう。
年寄り扱いを嫌う場合は、誕生祝いとしてさりげなく祝います。
本格的は長寿祝いは古希や喜寿くらいからでもよいでしょう。

還暦は61年目に生まれた干支に戻ることから「赤ちゃんに還る」とされて、赤いちゃんちゃんこなどが贈られていました。
赤は魔よけにつながるとされますが、赤いちゃんちゃんこを嫌がる人は多いもの。

その場合は赤いセーターやカーディガン、マフラーなど、赤にちなんだものを。
また、古希、喜寿には紫色、傘寿、米寿には金茶色、卒寿、白寿には、白いものを贈るといわれています。


賀寿ガジュの名称メイショウ
 
名称メイショウ年齢ネンレイ
還暦カンレキ(かんれき)マン60歳サイ
古希コキ(こき)カゾえ70歳サイ
喜寿キジュ(きじゅ)カゾえ77歳サイ
傘寿サンジュ(さんじゅ)カゾえ80歳サイ
米寿ベイジュ(べいじゅ)カゾえ88歳サイ
ソツ寿ジュ(そつじゅ)カゾえ90歳サイ
白寿ハクジュ(はくじゅ)カゾえ99歳サイ
ヒャク(ひゃくが)カゾえ100歳サイ




2012-01-27 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

Copyright © クリエイト・ア・ブック ハッピー All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。